取扱い商品

アフターサービス(時計)

保証について

お買い上げ後、各メーカーの定める期間内において保証が受けられます。
保証の内容については保証書もしくは取り扱い説明書の記載事項を参照して下さい。
保証期間内であっても下記の事項に当てはまりますと有償修理対象となります。

●誤ったご使用による故障、お取り扱い上の不注意による故障又は損傷。
●ご使用中に生じる外観上の変化(ケース・バンド・ガラスの小傷など)
●火災・水害・地震・その他天災地変による故障・損傷。
●不適当な修理や、改造による故障または損傷。
●保証書の提示が無い場合。
●保証書に必要事項の不備のある無い場合、もしくは書き換えられていた場合。
●電池交換。

修理について

お買い上げ保証の期間が過ぎても修理は承ります。
他店でお買い上げになられた時計でも弊社の取り扱い品であれば修理は可能です。
古い製品で機能維持に直接関係のない部品においてはお客様の了承の上、代替部品を使用することもあります。
分解掃除を伴った修理をさせていただきました場合には半年間の保証を付けさていただきます。(但し、機械部の不具合のみとなります)

ご使用上の注意

◎磁気について
身近にある磁気製品。知らないうちに磁気製品と時計を密着させてしまいがちです。
時計と磁気製品と密着させると、止まり・遅れ・進み等の不具合が生じる場合があります。殆どの場合は磁気製品から遠ざけると不具合は治まりますが、時計本体が帯磁した場合は脱磁をおすすめします。

◎防水について
防水時計でも下記の事項にはご注意下さい。
・水分のついた状態でのリュウズやボタン操作
時計内部に水が入ることがあります
・水分が付着した場合は乾いた布等で拭きとってください。
・海水につけた場合は真水で洗ってから水分を拭き取ってください。
ガラスの接着面やパッキンの劣化につながります
ステンレスがさびることもあり防水不良の原因になります。
・入浴やサウナの際は時計をはずしてください。
蒸気や石鹸・温泉などの成分による金属部分を変色・腐食させたりパッキンを劣化させる原因にもなります。
・時計を直接蛇口から水をかけないでください。
意外に水圧が高く、防水型の時計でも水が入ることもあります。

◎さびつき防止について
リュウズのさびつきを防ぐためにも時々リュウズを空回しを行ってください。

HOME新着情報会社概要店舗情報取扱い商品採用情報よくあるご質問お問い合わせプライバシーポリシー

このページのトップに戻る