*知らずに贈るのは損!プロポーズに婚約指輪を贈る本当の意味とは?*

投稿日:

プロポーズの時に
男性から❝愛の証❞として贈られる
婚約指輪。

ここでは、意外と知らない
婚約指輪の知識について
ご紹介いたします。


婚約指輪とは?


婚約指輪は、生涯共に連れ添う約束を
証明するものです。

「婚約」とは、
結婚を約束することであり、
指輪はその証となります。

ほとんどの方が
『永遠』を象徴するダイヤモンドがついた
婚約指輪を贈られますが、
色石がついたものなどもあります。


由来


婚約指輪の歴史は、
はるか古代ローマ時代までさかのぼります。
エジプトの象形文字で
「結婚」は円で描かれ、
永遠に途切れぬものを意味しています。

古代ローマでは、
約束を果たす誓いの印として、
お互いに鉄の輪をはめる習慣がありました。
これが次第に婚約指輪、
結婚指輪の意味として
定着していきました。


なぜ左手薬指?


婚約指輪を左手の薬指につける意味も
古代エジプトの言伝えからきています。
左手の薬指は
心臓と一本の太い血管で繋がった
特別な指であると言われています。

そこで、カップルが薬指に
結婚指輪を付けあうことは、
互いの心と心をしっかりと繋ぐことを
意味するようになりました。

また、薬指には「創り出す力」
があるとされているため、
❝ふたりで家庭を創造する❞
という願いを込めるのも素敵ですね。

婚約指輪、結婚指輪を
ゆっくり探すなら
ブライダルリング専門の
セレクトショップがオススメです!

プロポーズに欠かせない婚約指輪。
一生に一度の婚約指輪を贈りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です