*変形に強い指輪とは?作り方の違いから選ぶ、結婚指輪*

一生物の結婚指輪ですが、
日本の結婚指輪には
繊細なデザインが多く
着用時に注意しなければいけない
指輪もあります。

普通に生活をしていて
気が付いたら指輪が曲がってしまった!となる前に
気になる点をチェックして素敵な指輪を見つけましょう。

鋳造製法と鍛造製法
仕上げ(磨き)_1

指輪の丈夫さや曲がりにくさは
指輪の製造方法の違いにもあります。

日本の結婚指輪に多い
鋳造(ちゅうぞう)製法
金属を型に流して作るので
繊細なデザインに応えることができますが、
鍛造(たんぞう)より変形しやすくはなります。

鍛造(たんぞう)製法
地金の密度の高い金属で
指輪を作ることで、変形のしにくい
丈夫な指輪がつくれます。

地金の密度の高い金属とは
お米で例えるなら
「おにぎり」ではなく「おもち」です。

「おにぎり」の中には気泡がありますが
「おもち」には気泡が少ないので
固まるとカチカチになります。

「おもち」のような鍛造(たんぞう)の指輪は
硬くて変形しにくいのが特徴です。

そして表面がツルツルになるため
傷もつきにくく、なめらかな着け心地となります。

CHRISTIANBUER(クリスチャンバウアー)の結婚指輪


2019NEW_244788_274625_Logo
2019NEW_244788_274625_Logo

CHRISTIAN BAUER

【クリスチャンバウアー】の結婚指輪
鍛造製法でつくられる結婚指輪は
とっても滑らかな着け心地なのに
とっても丈夫で変形のしにくい指輪です。

独自に合金した素材に強度と弾力を加えるため、
素材の塊から指輪の原型へ
複数の鍛造工程を踏みベースを作ります。

クリスチャンバウアーでは高密度で
傷つきにくく変形しにくい指輪を作るため、
一定方向からだけでなく全方向から圧延圧縮を行います。​

「生涯つけ続けるために」つくられた、
クリスチャンバウアーの結婚指輪を
是非一度、お試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です