徹底解説!婚約指輪のダイヤモンドってどうやって選ぶの?

投稿日:

婚約指輪を贈るのは

男性の固く揺るぐことのない決意表明の様な物。

 

そこで、

ダイヤモンドの硬さと、意志の固さにかけて

婚約指輪を贈るようになりました。

 

そんな特別な意味を持つダイヤモンドですから

どのようなダイヤモンドを選ぶかがとても大切です!

 

あなたは価格だけで

ダイヤモンドを選んでいませんか?

 

安いダイヤモンドを選んではいけない?!

 

 

なぜ、安いダイヤモンドを

選んではいけないのか。

それは品質に関係してくるからです。

 

だからと言って

品質が良くて高い物を買えばいい

というわけではありません。

 

目の前のダイヤモンドが

どのくらいのグレードなのかを

しっかり理解したうえで

贈る事が大事なのです。

 

 

ダイヤモンドには

4Cと呼ばれる総合評価基準があります。

その評価基準に沿って

ダイヤモンドのグレードが分けられ

価格も変わります。

 

特に注意していただきたいのが

クラリティカットです。

 

【クラリティ】・・・内包物やキズ

【カット】・・・ダイヤモンドのカットの仕方

 

ダイヤモンドの輝きに関して

上記2つのグレードが大きく関わります。

 


【 クラリティ 】

 

内包物やキズの大きさ・数により変わります。

 

グレードが上のものが良いと

考えがちですが、

内包物などの位置によっては

光の反射がさえぎられてしまい

輝きが少ないダイヤモンドも…

 

 

安いダイヤモンドの場合

表面にある一番面積の大きい

「テーブル」部分に大きな内包物があったり、

中には肉眼で確認できてしまうほどの

ダイヤモンドもありますから注意が必要です。

 


【 カット 】

 

カットは唯一人の手が施されているものです。

 

カットグレードによって

ダイヤモンドの輝き方が変わります。

特に「ガードル」の部分。

 

《 避けた方が良いもの 》

 

白くラインのように見える

 

 

《 カットが綺麗なもの 》

 

透明感があり360度綺麗に見える

 

 

綺麗にカットされているものと比べると

違いは歴然!

 

ガードル部分は

婚約指輪にセッティングした時に

石座の間から確認できます。

 

その為、ガードル部分のカットが良いほど

とても輝く綺麗な婚約指輪が完成するのです。

 

 

いかがですか?

 

婚約指輪選びが難しそう…

と感じた方もいるかもしれませんが

細かな部分は専門スタッフが

しっかり説明してくれるのでご安心ください。

 

まずは「このダイヤモンドを贈りたい!」

という想いで選ぶことが一番大事です。

 

その為には、たくさんの中から

ダイヤモンドの見比べが出来るお店に

行ってみることをお薦めします。

 

◆三重県おすすめ指輪専門店◆

CLEAR鈴鹿店

 

 

ぜひ、素敵なダイヤモンドで

プロポーズをして下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です